「イレブンソウル」より
強化外骨格 タイガーピアース 塚原機
(フルスクラッチモデル)

(’14年2月完成)

→製作記へ

→組み立て図へ

 

※画像をクリックすると大きな画像が出ます。

 久しぶりのフルスクラッチです。
積んでるキットが山ほどあるのにスクラッチしてる場合じゃない気もしますが、やっぱりイチから作るのは楽しい!
ガレージキットは基本的に可動式よりも固定式の方が好みなのですが、今回は原作がアクション漫画なので可動で作ってみました。

  関節部分は組みやすさと可動域の両立に悩みました。
出来るだけパーツ数を押さえて市販ジョイントを加工せずに組めるようにと一苦労です。

 

 ・白キャスト

  今回は可動式ということで、色が剥げると嫌なので白キャストで成型してそのまま成型色で仕上げてみました。
こってりパールを吹いたので安っぽさは消せたかなあ。
他の色については分割すると組みにくそうなので、分割せずにオール白キャスト成型です。

白はそのままなので、塗り分け部分ははみ出てもナイフでガリガリ削って修正出来るので塗装が助かりました。
塗り分けのマスキングが難しい部分が多いので、これを綺麗に全塗装するのはけっこう大変かも。
エッジをギンギンに立てている部分も作業中に塗膜が剥がれる心配が無いのも地味に良かった部分です。
成型色仕上げいいかも。

     

 ・製作について

 原作の絵柄がわりと柔らかく描かれているので、出来るだけアウトラインが固くならないように注意しました。
肩から腕のあたりが肉感的で気にいっています。

 

 ・塗装について

 カラー絵が少なく、8巻裏表紙の頭部側面と原作者公式サイトのハッチオープン絵しかみつかりませんでした。
たけちー、こんな派手な機体に乗ってたの…。

 今回のはワンフェス展示用に急いで作ったので仕上げ(と撮影)がちょっと粗いです。
提出して手元にないのでまた後日作り直します。

  下地:キャスト:クレオス Mrメタルプライマー(2倍希釈)
      球体ジョイント:ガイアマルチプライマー
  白:成型色
  金:スターブライトブラス(上澄み減量)

  関節:116番ブラックグレー
  四肢付け根:ブラック+スーパーアイアン
  全体にAGパールホワイト+FGオパールレッド吹き付けて艶ありで仕上げ 
  各凹底面のメッシュ等はジャーマングレイ(エナメル)を筆塗りです。

  各部カメラはハセガワのフィニッシュシート 偏光フィニッシュブラウン〜シアンです。
  額は下地がニュートラルグレイ(エナメル)、目は白キャスト下地、銃はブラック(エナメル)の上に貼りつけです。
  目は1mmポンチで抜いたシートを0.8mmの窪みに貼って余白をニッパーで切除。
  思いのほか良い感じに輝いてくれたので、とても良かった良かった

    

 ・作り終わって

 なんだかんだでだらだら作って残り半年で急いで作ることになってしまいました。
でも工夫して作った部分が良い感じに仕上がってるのを見ると、大変満足感があります。
スクラッチは楽しいなあ!

    

(C)戸土野正内郎/マッグガーデン