D型
(1/60 フルスクラッチモデル)

平成18年9月18日  
 ・第2弾

 B型に続き、D型の製作です。
胴体と股間以外は共通なので作業量自体は少なくて楽そうです。

  

 ・全体像

 とりあえずパテでざっくり作った物を組み上げてみました。
頭と胴体が一体になっているロボなので大体こんな感じ。
肩の高さや幅はB型に合わせています。

 しかしなあ…。馬面というか間延びしまくりな顔というか。
B型は設定画よりも胴体をやや長めに作ったので、その影響がモロに出ております。
さて、どうやって格好良くしたものか。

平成18年11月8日  
 だんだん整ってきました。
尖端のエッジは上側のみ尖っていて下側は緩い曲線の模様。
3DCGでは全体が曲線になっていますが、設定画のイメージではこうだろうと。
正面から見ると胴体が貧弱な気がする。

ちなみに背面は全く手つかずです。
平成19年1月21日  
 しばらくサボっておりましたが、そろそろ製作再開です。
顔(?)は頬を落としてシャープな感じにしました。
前面のアウトラインはだいたい完成です。
 で、問題なのが背面。
設定画が斜め前からの1枚しかないのでさっぱり分かりません。
後頭部に2枚の羽が付いているようなので、
とりあえず作ってみましたがなんか取って付けた感がー。
ん〜…。
平成18年2月10日  
 サフ吹き直前の状態。
前面のスリットを彫ってようやく完成に近づいてきた感じ。
背面はこんなところです。
細部はそのうち作る予定。

ちなみに手足は11月以来取り付けていないので、どうなるのか自分でもさっぱりです。


 

 側面より
胴は前にも後ろにも長いのです。
尻のあたりはB型そのまま。

 

(C)KOGADO STUDIO,INC.