「イレブンソウル」より
祢々切 一般機
(フルスクラッチモデル)

(’18年5月完成)

 

※画像をクリックすると大きな画像が出ます。

 イレブンソウルより祢々切です。
機体名は「鯰尾(キャットフィッシュテイル)」なんですが、原作で一度きりしか呼ばれてないし長いので部隊名「祢々切」で。

 基本的にはタイガーピアースをベースにして、頭・胴・腰・肩・武器等を新造しました。

 

 ・機体について

  前回作ったタイガーピアースは45話以降(ミズチ戦)での状態で製作しましたが、
今回の祢々切は特に印象の強かった61話以降(ピンゾロ戦)での前腕や下腿に装甲が追加された状態を元に製作しました。
デザイン以外でも体格の描かれ方が変化していて、後半はよりがっしりとした印象を受けます。

     

 ・製作について

 タイガーピアースのパーツをベースに部分的に新造しましたが、体格がかなり違うため調節に時間がかかりました。
胴体・腰が上下に伸びた半面、股関節の取り付け位置は3o程上がって足は短くなっています。
マッチョ感はより強めです。

原作の柔らかな絵柄の印象を出せるように、できるだけ直線・平面を減らしすように意識してみました。

 

 ・塗装について

  本体色:311番グレーFS36622+黄橙色+ネービーブルー(極少量)
  金:スターブライトゴールド(上澄み減量
  関節:116番ブラックグレー
  四肢付け根:ブラック+スーパーアイアン
  全体にAGパールホワイト吹き付けて艶ありで仕上げ 
  各凹底面のメッシュ等はジャーマングレイ(エナメル)を筆塗りです。

  各部カメラはハセガワのフィニッシュシート 偏光フィニッシュブラウン〜シアンです。
  額は下地がニュートラルグレイ、目は白キャスト下地、銃はブラックの上に貼りつけです。
  目は1mmポンチで抜いたシートを0.8mmの窪みに貼って余白をニッパーで切除しました。
  今回、額の部分はニュートラルグレー→AGパールホワイト→偏光フィニッシュと間にパールを加えてみました。
  おかげでパールの粒子間も加わって面白い反射具合になりました。

    

 ・作り終わって

 タイガーピアースも含めるとずいぶんと長い製作期間になってしまいました。
エポキシパテ造形
はだいぶ堪能できたので次はデジタル造形を勉強したいなーと思っています。
    

(C)戸土野正内郎/マッグガーデン