「アーマード・コア 4」より
レイレナード 03-アリーヤ/シュープリス
(コトブキヤ 1/72 プラスチックモデル)

(’09年4月完成)

→製作記へ

※画像をクリックすると大きな画像が出ます。

・ コトブキヤ ACVIシリーズ

 コトブキヤが精力的に展開しているアーマードコアのプラキットシリーズよりアリーヤを作りました。
このシリーズはディテール・色分け再現のために徹底してパーツ分割がされているので、そのまま組むだけで素晴らしい出来になります。
このアリーヤは特に部品点数が多いですが決して組み立てが難しいこともなく、塗装時はマスキングの必要な箇所が少なくとても助かりました。
実に素晴らしいプラモデルだと思います。

 で、今回はプラモデルでは再現が難しい部分を中心に手を加えて作りました。
あのカメラアイを光らせることが出来るかな?というのが主な目標です。
   

・塗装について

 OPムービーがモチーフなのであんな雰囲気を出したいわけですが、セピア色がかった粗めの映像なのでどーしたものかと。
基本的には明度高め・彩度低めな方向で。
着地地点が定まらないので初めの調色の段階から時間がかかってしまいました。
結局最後までイメージが定まらずにフラフラでした。


 塗り分けはOPを基本に分からない部分はゲーム中のパターンを参考にしています。
本体色は明度高め・ギリギリ赤よりのブラックです。
ブラックのみ明度を変えた上げた色でグラデーションをつけています。
武器の塗り分けはプラモデルの説明書を参考にメタルブラックとやや紫がかったメタルブラックの2色にしました。

ブラック(MAIN・SUB):ウィノーブラック+クールホワイト+レッド+ブルー
シルバー(SUPPORT):スーパーファインシルバー+ウィノーブラック+クールホワイト+ブルー
カッパー(OPTIONAL):スーパーゴールド+スーパーファインシルバー+クールホワイト+レッド+イエロー
ゴールド(DEVICE):スーパーゴールド+クールホワイト+レッド
武器:スーパーアイアン+ウィノーブラック+クールホワイト+レッド+ブルー

 汚しは雰囲気重視で派手目に行っています。
プライマルアーマーは塗膜にも悪影響をあたえるのかも。
   

・作り終わって

 かなり派手に汚したつもりでしたが、完成してみると思い切りが足りなかった気も。
  

 ’09年8月1日追記
シュープリス夜間戦闘用に付属の肩フレアディスペンサーを追加しました。
これでようやくOP使用のシュープリスの完成です!
  

(C)FromSoftware,lnc.